歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、この人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。
そして、治療終了後のメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。
数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという説があったのではないでしょうか。
それは違います。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。
インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。
あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。
障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。
高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
詳しく調べたい方はこちら⇒歯は茶渋を落とす事が困難な場合の対応