歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。
また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。
障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。
自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工の歯を作ることだと考えてください。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
参考サイト:歯 茶色 歯磨き粉