歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
インプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。
メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。
今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。
これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。
こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。
お世話になってるサイト⇒歯の汚れが黒くなるほど目立っている