一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療成功の絶対条件となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。
がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
不断のケアが求められます。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい方に適用されます。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。
そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。
より深刻な事態を食い止めるためにも、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
お世話になってるサイト⇒ホワイトニング自宅ランキング